特大目玉焼きを作ってみた

ズボラ飯・自炊

前日茶碗蒸しが食べたくて卵黄を2個使ったので、白身だけが2個分余っていました。
卵黄だけを必要とする料理って意外と多いですよね。うどんやそばにも黄身しか乗せないし。

 

 

みなさん余った卵白って捨てているんでしょうか?
わたしは貧乏性なので選り分けた白身は器にラップして冷蔵庫にいつも入れちゃいます。

そして当日か遅くても翌日中には何かの料理に入れて消費するようにしています。

 

 

白身って脂質ゼロで健康な体づくりに役立つ超ダイエット食品らしいですからね。

貧乏性じゃなかったとしても、体のたるみが気になるアラサーとしては摂らないわけにはいきません。

 

 

毎度悩むのがその消費方法。いつもは料理本やクックパッドなどで見つけては1品料理にしてるんですが、面倒くさいときもある。

 

 

そして今日がその面倒くさい日。そこでふと思いついてやってしまいましたよ。

 

 

特大目玉焼き!

 

 

卵白2個分に対して新たな卵を1個投入です。
つまり卵黄が1個、卵白が3個の状態で目玉焼きにします。

 

1人暮らしのわたしのフライパンは小サイズなので、一面が白身の海ですよ。

 

じゃーん。

 

 

写真じゃわかりにくいかもしれませんが、厚みたっぷりのやたら立派な目玉焼きの完成です!

 

お皿からはみ出るサイズの目玉焼きは口いっぱいに頬張ることができてなかなか楽しかったです。

当然ながら味は普通の目玉焼きとなんら変わりはしませんがね!

 

ごちそうさまでしたー!

コメント