スポンサーリンク

茗荷谷でカレーが食べたくなったら独特のゆるさが3つ揃ったマナカマナへ行こう

茗荷谷は駅を降りるとまず100%、カレー屋さんパナスの店員さんが割引クーポンを配ってきます。
だから流れでパナスに行っちゃう人が多いんだけど、あまのじゃくなわたしは敢えて徒歩10分のマナカマナを選びますよ。

食べログで見ても、パナスは3.51と高評価なのに対してマナカマナは3.05とイマイチふるわない。
でもこの差は立地と、クーポンを配ってるか配ってないかのみから来てると思うのです。

パナスもいいけど、敢えてのマナカマナがマイブームです。
なぜかというと、

色々とゆるくてなんかいいから。

本場のカレーが売りのはずなのに、マナカマナはなぜかカレーうどん推し

「インドのスパイスで出来上がったカレーと日本で人気のうどんとの組み合わせで出来た最高の料理ぜひ一度お試しください」
と、カレーうどんのメニューが飾られています。

チキンカレーうどんの説明なんか、

「柔らかいチキンに柔らかいうどん最高」!

ね、出てきた料理が美味しかろうと、美味しくなかろうともう何でも許せちゃうでしょう。

多分ここで働いてるスタッフの方が訳したのかな。
マナカマナのスタッフさんはみんな日本語が上手です。

だけどやっぱり外国人特有の訛りがあるというか、なんともユーモラスな日本語。

日本語で接客されたと思ったら、突如飛び交うネパール語

接客してる瞬間は日本語なのに、厨房にオーダーを伝えるスタッフ同士の会話となると途端にヒンディー語だかネパール語だかに切り替わっていて、ギャップが面白いです。

マナカマナはスタッフさんの食事休憩を普通に客席で行うらしく、あちらこちらでネパール語?が飛び交っています。

さながらここは茗荷谷のインドかネパールといったところ。

ちょっとした旅行気分が味わえちゃいます。

お座敷席を備えたカレー屋、マナカマナ。

マナカマナのゆるさは店内にも表れていて、それは何かというと、内装。
カレーの国らしいタペストリーや置物が沢山飾られていて、それっぽさはあるのだけど、よく見るとなんか違う。

居抜き物件じゃないのかな~?
奥の方に座敷があったり、机とか椅子もうどん屋さんかおそば屋さんっぽいような感じがします。

一生懸命飾り付けはしたものの、以前の店舗を隠しきれていない内装がなんとも微笑ましく感じさせます。

満腹注意!850円で爽やかラッシーまでついてきちゃう

さて、ランチタイムにマナカマナに行くときは注意しなくてはいけないことがあります。

それは、大食いに自信のある人以外レディースセットを頼んではいけないということ。

メニュー表はこんな感じ。

ものすっごい量が多いんです、マナカマナ。
レディーだからってレディースセット頼んだら、仕事に戻れないくらいおなかパンパンになっちゃいます。

初めてマナカマナに来たときやらかして、無念ながらもお残しする羽目になりました。(せっかく美味しいのに、ごめんなさい…)

いっそのことキッズセット頼ませて欲しい~!

ナンのサイズもこの通り。人の顔の4倍くらいあります。

あら、わたしの華麗なお絵描きで人の顔が見えませんね。

わたしはマナカマナのナンが大好きで、それこそルーなしでナンのみかじってても飽きないくらい!
ほんのりとした甘みに、カリカリ・ふわふわ・しっとりもちもちが混在しているさまが素晴らしいです。

セットでついてくるサラダもドレッシング多めで美味しいです。

画面中央下部にある黄色いのは、ターメリックライス。

お子様ランチの主役・チャーハンみたいな盛り付けで可愛いでしょう?

「日本人はどうせごはんでもナンでもカレー食べたいんでしょ?」って両方つけてくれているのかな?嬉しい。

850円でカレー・ナン・ライス・サラダ・ドリンクがついてくるんだからすごいですよね。

しかも嬉しいことにドリンクはラッシーも選べちゃうのです♪

テイクアウトも出来るそうなので、この量の多さは本当は家でのんびりと食べた方がいいんでしょうね~。
持ち帰ってみたいけど、まだ試したことがありません。

都会の喧騒を離れて美味しいカレー&ナンに浸りたい人は、ぜひ10分歩いて行ってみてー!

アジアン ダイニング&バー マナカマナ 小石川店

住所:東京都文京区小石川5-35-9 武蔵野ビル1F

電話番号:03-3818-6994

営業時間:月~日 11:00~16:00 17:00~23:00

日曜営業

ブログランキング

ランキングに参加してみました。
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする