スポンサーリンク

浅草でもんじゃといえば、安い!美味しい!老舗有名店の六文銭でしょ

昼は観光客、夜は地元民で賑わうレトロなもんじゃ屋さん

私が美味しいもんじゃが食べたくなったら、必ず行くのが浅草六文銭。昼は世界中から来た観光客、夜は仕事上がりの地元民で賑わう、昔懐かしいもんじゃ焼き店です。

六文銭は、六文(300円)という名の通り、戦後の貧しい子どもたちのお小遣いでも買える、贅沢おやつをテーマに掲げたお店。

なので浅草で30年も営んでいる老舗有名店でありながらも、値段が安い!

さすがに300円というわけにはいかないけども、もんじゃもお好み焼きも半数近くが756円で食べられちゃうのです。

あと1テーブルにつき1回しか注文できませんが、ベビースターもんじゃなら398円で食べられます♪店内メニューにも書かれていないので、この情報は知らない人多いんじゃないかな~?

普通は本店がまさってるものだけど、六文銭は支店がオススメ

浅草本店と浅草支店の2店舗があるんですけどオススメは浅草支店。本店は行列で入れないことが多い反面、支店なら並ばずに入れる確率が高いからです。

徒歩2分の距離にある両店はメニューも値段もまったく同じ。違うのは席数だけなのでご安心を!

座席数はそれぞれ本店が30席・支店が42席とかなり少ないです。

どちらのお店に行くにしても、金曜日の夜や土日は予約入れた方がいいですよ~。

ちっちゃいお店なので見逃さないように気をつけて

本日も支店です。すしや通りと食通街の交差するポイントからすぐなので、迷うこともないでしょう。

ただ席数からもわかるように、ちっちゃいお店です。

見逃さないように注意してね!

すしや通りと食通街の交差ポイントはこんな景色。

電光看板が光ってればお店はやってます。

初めてだとちょっと不安になる狭さ。

2階へ上る階段階段の途中には、サインが飾ってあります。

もんじゃ焼きは自分で作る?店員さんに頼む?

席について注文を終えると、ほどなくして店員さんが登場です。

美味しいもんじゃ焼きの作り方が各席に貼られています。

でも1つめは店員さんに頼んじゃったほうがいいかな~。

というかもんじゃが初めての観光客じゃなくても、1つめは作ってもらう人が殆どです。店員さんの見事な手さばきにウットリしましょう♪

綺麗に油を引いたら、最初に置くのはもち。

ジャッジャッ。

ショーを見ているような気分のまま、あっという間に完成!

六文銭で人気のメニューとわたしのオススメ

わたしのオススメは、明太子もんじゃにもちチーズトッピング、限定メニューのホルもんじゃ桜えびやきそば

どれも具材とタネのバランスが最高です。ホルもんじゃは味濃いめに仕上がっちゃうので、味付けソースは少なめで。

六文銭的TOP売り上げは、ダントツでカマンベールもんじゃです。

1026円といいお値段だけど、丸いカマンベールが丸ごとドシーンと入るので原価高そう…。

東京ウォーカーという雑誌で絶賛されてたので、自分の口で確かめてみるのもいいかもしれません♪

六文銭来店の際、絶対利用したいお得なクーポン

六文銭は公式サイトで10%OFFクーポンを配っています。お会計時に携帯で提示さえすれば、お会計全部まとめて10%OFFしてくれるので忘れず利用しましょう!

浅草もんじゃなら!お好み焼き・もんじゃ焼き・鉄板焼きの浅草六文銭のクーポンページ

六文銭 支店

公式サイト:浅草もんじゃなら!お好み焼き・もんじゃ焼き・鉄板焼きの浅草六文銭

住所:東京都台東区浅草1-8-4

電話番号:050-5869-4695

営業時間:月~金 16:30~23:00
土・日・祝 11:00~22:30

日曜営業

ブログランキング

ランキングに参加してみました。
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

おすすめ記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする