プラスの感情だけ表に出せたらなぁ

表情が豊かな人、クールフェイスな人。
どちらに憧れますか?

知らない人に咄嗟に親切を受けたときなんかは、口だけでなく顔でもスピーディーに感謝の気持ちを伝えられたらなって思います。

口では「ありがとうございます。」って言っていても仏頂面をしていたら、あ~ありがた迷惑だったかな?って親切をした側が不安になると思うからです。

でも、逆に感情を悟られたくない場面もあるじゃないですか?

お昼の休憩時間に銀行のATMに並んだ時、前で操作しているお年寄りがタイプミスやエラーを連発してなかなか次の人に交代とならない時。

通勤電車の車窓にふと、疲れ果ててほうれい線のクッキリとしたおばさん(私)がなんだかヨレヨレの服装で写り込んだ時。

隣の女性はキリッとかっこよく涼しげに立っているのに、自分は焦りや疲れ丸出し状態で恥ずかしくなります。

そう考えると、プラスの感情はすぐに表に出せてマイナスの感情は内に秘めるのが一番私の理想なのかな?

プラスの感情はともかく、マイナスの感情って半ば反射的にダダ漏れてしまいがちだから、外に出ないうちにおし留めるのって難しいですね。

心の余裕を持ち続けていれば、そのへん少しは改善されるんでしょうか?

コメント