スポンサーリンク

アラサー女子が考えるご当地クラフトホリックの魅力5点

2匹のもふもふスロースに挟まれて寝るのが日課のちゃかぽこです。おはようございま~す。

大きくてもふもふのクラフトもいいけど、コンパクトサイズなご当地クラフトも好き。

ちっちゃくても癒し効果は絶大!

今日はそんなご当地クラフトの魅力を語ってみたいと思います。

1.ここでしか手に入らない限定感

ご当地クラフトの後ろ姿

ご当地クラフトだもの、やっぱり現地でしか手に入らない限定感がたまりません♪

クラフトホリックって海外でも人気らしいですね~。

以前「外国人観光案内所24時」みたいな番組内で、ご当地クラフトがどこに売っているか尋ねる人々が出ていました。

観光案内の人が一生懸命調べて、無事に東京クラフトたちにたどり着けていましたよ~!

日本人ホリッカーだけでなく、海外から遊びに来ている人たちにも、日本のご当地をテーマにしたクラフトが受けているみたいです。

2.自分好みの模様をしたクラフトに出会える

2018年7月現在、ご当地クラフトは各県に何匹生息しているのかカウントしてみます。

いきますよ~!

北海道:ラベンダー・メロン
秋田:なまはげ
岩手:チャグチャグ馬コ
青森:りんご
山形:さくらんぼ
宮城:七夕
福島:あかべこ
東京:雷門・パンダ・バナナ・タワー
神奈川:中華街・セーラー
栃木:スカイベリー・餃子
群馬:だるま
富士山(県にまたぐ富士山は分けてきたか~!):富士山
愛知:金シャチ・名古屋城・エビフライ・小倉トースト・金シャチ2
静岡:みかん・お茶・いちご・うなぎ・いちご(チョコ)
伊豆・箱根(県じゃない~!):温泉饅頭
山梨:ぶどう・桃
長野:りんご
新潟:笹団子
岐阜:さるぼぼ
三重:真珠・松坂牛・伊勢海老
北陸(地方!?):カニ
大阪:たこやき・大阪城・串カツ・お好み焼き
京都:舞妓・八ツ橋・京野菜・お茶
兵庫:たまねぎ・たこ・コウノトリ
奈良:大仏・鹿
滋賀:たぬき・琵琶湖・彦根城
広島:もみじ饅頭・宮島・広島焼き
山口:ふぐ
香川:うどん
徳島:鳴門金時
愛媛:タルト
高知:カツオ
福岡:めんたいこ・とんこつラーメン・あまおう・大宰府
大分:かぼす・地獄鬼
宮崎:サーフィン・マンゴー・地鶏
佐賀:バルーン・むつごろう
長崎:カステラ・佐世保バーガー・長崎くんち
熊本:からしれんこん・すいか
鹿児島:しろくま・黒豚・西郷どん
沖縄:シーサー・パイン

戦国限定バージョン:伊達政宗・忍者・加藤清正・武田信玄

北海道地方…2匹
東北地方…6匹
関東地方…9匹
中部地方…21匹
近畿地方…16匹
中国地方…4匹
四国地方…4匹
九州地方…19匹
沖縄…2匹
戦国…4匹

合計87匹

それぞれにラブとスロースがいるので、87×2=174匹が存在することがわかりました~!

これだけいれば、お気に入りに出会うこと間違いなしです♪

3.旅先での楽しみが増える

どこで売ってるか情報を仕入れずにクラフトに出会えた瞬間が運命的で嬉しい

ご当地クラフトを売っているお土産屋さん

旅行先の空港やお土産屋さんで、「スロースいないかな~?どこかな~?」ってやるのが楽しい!

わたしの場合は、捕獲タイムをわざわざ設けずにお手洗い休憩の少ない時間で探します。

一瞬の短い時間で偶然出会えると本当に嬉しくて、この気持ちを何度でも味わいたくなっちゃいます。

見つけた瞬間はスロースに後光がさして見えるから不思議です。

写真に写しやすいサイズ感なので旅行での1枚にクラフトを参加させやすい

出先でクラフトホリック撮影

親指と人差し指で支えられるボリュームのクラフトは、iPhone片手に写真を撮りやすい!

長時間カメラを出していづらいごはん屋さんでも、ササッと撮影できます。

綿がパンパンで手足を動かしにくいのでポージングには向かないけれど、簡単にクラフト+旅先の風景写真が撮れちゃう。

わたしは旅行だと、ノーマル風景・自分たちと風景・クラフトと風景の3パターンをその場に応じて撮ります。
クラフト+風景はTwitterにも載せやすくていい感じ♪

4.600円とリーズナブル

お土産としても安い金額なのがありがたい。

クラフト好きのお子さんでも、自分のお小遣いで買えちゃう範囲の価格設定はとても好感が持てます。

道端のガチャガチャをやるような感覚ですね!

そして冷静になってみると、クラフト+缶バッジで600円ですよ。

クラフトは当然可愛い。
缶バッジもご当地らしいおしゃれなデザインで可愛い。

捨て要素がなく、まさにwin-winです。(違う)

5.場所をとらないのでコレクションしやすい

ホリッカーさんの1番の悩みは、1匹1匹が大きすぎて場所をとることじゃないでしょうか?

一人暮らしのわたしの家は、まさにそう。
多頭飼いできるスペースがありません。

なので今まで大きいスロース(100cm)は2匹だけの捕獲に留め、雑貨たちを買うことで我慢してきました。

わたしが1匹目をお迎えしたときと、2匹目をお迎えしたときの記事はこちら♪

クラフトホリック(CRAFTHOLIC)って知ってますか? ↑公式サイトより画像お借りしてきました。 2...
最近クラフトホリック(CRAFTHOLIC)にはまり中のちゃかぽこです。 クラフトホリックとの出会いについてはこちらの記事♪ ...

でもご当地クラフトなら多頭飼いOK
狭いワンルームでもクラフトたちがのびのび暮らすことが出来ます。

個人的にはこれがご当地クラフト最大の魅力だと思っています。

おまけ:ご当地クラフトをネットで捕獲

どうしてもお迎えしたい…でも遠くて迎えに行けない県のご当地クラフトがいたりもしますよね。
楽天で手に入れてしまうって方法もありますよ~!

実はわたしも一度だけ、あります。
楽天からご当地クラフトをお迎えしたことが…!

ご当地クラフトの存在を知って間もない頃に行った旅先でのこと。
特に探していたわけでもないのに、運命的にもご当地スロースに出会ったんです。

だけど当時はまだ手に入れるか悩んでいました。
それで「2度目どこかで出会ったらお迎えしよう」って決めました。

…結局旅行中にスロースに出会うことはなく、ずっともやもやすることになりました。

こんなにもやもやするなら最初に買っておけばよかった~!ってなったので、楽天利用しちゃいました。

もやもやがスッキリしたし、スロースも可愛いので思い切って買って良かったかな♪

ネットで手に入れたらご当地の意味ないじゃん!って突っ込まれるかもしれません。
でも、飼い主(?)とクラフトの関係さえ良好ならそれでいいかなってわたしは思うのです。

ご当地クラフトを楽天で捕獲する

ブログランキング

ランキングに参加してみました。
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

おすすめ記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする