スポンサーリンク

東京都内唯一の道の駅・八王子滝山での戦利品

思ったより長くなってしまったので、東京都内唯一の道の駅・八王子滝山に行って色々お買い物してみたと分割してお送りします~。

1人暮らしアラサー女子の戦利品はこちらです!↓

八王子滝山・スイーツ編

もちドラ200円。

どら焼きの皮1枚に粒あんと求肥が包まれてます。

栗丸ごと1粒を包んだ栗ドラと悩んだんだけど、ラス1になっていたもちドラにしました。

求肥たっぷりで新しい和菓子スイーツって感じ!めっちゃ美味しかったです。

ずんだだんご&ごまあんだんご180円。

他にも色んな組み合わせがあって目移りしちゃいました。2種類セットは1人でも飽きずに食べられて嬉しい♪

ツブツブ食感と素朴な味が手作り感にあふれてます。

八王子滝山・きのこ編

何の変哲もないホクトのエリンギ。

100gが2パックで150円は安いですよね~。2パックなら普通200円はします。

カットして冷凍庫にIN!

大粒なめこ、やまなめ。80円。

あんまり見かけないやまなめですが、前に買ってみたら美味しかったので。その時は150円で買ったなぁ。

このサイズ感みてください!

完全になめこのオバケです。

山茶茸2パック、150円。

山茶茸って知ってました?

わたしは初めて見ました。

野生のエノキっぽい見た目。家に帰って調べてみると、野生種のキノコと栽培種を掛け合わせてできた新しい品種らしいです。

山茶茸は普通のエノキと同じように食べられる&保存できるみたいなので、カットして冷凍庫に入ってもらいました。

本当は野菜も珍しいのや安いのがたくさんあったので買いたかったけど、消費しきれなかったら困るので我慢。

八王子滝山・たまご編

相場の5分の1で買えるんだもの、高級卵の烏骨鶏試すしかないじゃん!

賞味期限は普通の鶏卵と同じくらいあるので、6個入りなら1人暮らしでも余裕で消費できます。

ということで、東京うこっけい6個入りを600円で。

普通の卵と比べてみましたよ。

左がいつも食べてる卵。

中央と右が東京うこっけいです。

色やサイズに結構バラつきがあるみたい。どれも小ぶりです。

ちょっと硬めの殻を割ってみると、卵の外見よりは大きな黄身が出てきました。

普通の鶏卵とは黄身と白身の割合が違うようです。

素材の味がよくわかる簡単ズボラ飯で、実食

玄米ご飯に乗せてみました。黄身が立体的~!

うこっけいの卵かけご飯と、やまなめの味噌汁。

超簡単なズボラ飯だけど、素材の味がよくわかるチョイスだと思います♪

やまなめは従来のなめことは違い、味・ぬめり・食感が強い。軸部分を噛むとジャキジャキして、「きのこ食べてる~!」ってすごく感じます。

うこっけいの卵かけご飯はというと…わたしの舌では違いが感じられず。

特に濃厚とも思わなかったし、むしろ普通の卵よりもアッサリしてるように感じてしまいました。わたし、貧乏舌なのかな…。

うこっけいと普通の卵の味の違い、わかる人いたらぜひぜひ教えてください~!!

優柔不断なわたしでも、計1360円お買い物してしまった道の駅・八王子滝山でした♪

車があるなら、八王子滝山に寄ったついでに

惚れ惚れする店構えでしょう? 入店前から、地域に愛される名店オーラがやばいです。 でうらのメニューは至っ...

もオススメ♪