スポンサーリンク

花のれんは和食欲を満たしてくれるラーメン屋さん

茗荷谷駅から向かいに渡って5分のラーメン屋さん、生粋花のれんに行ってきました~!

こちらの花のれん、食べログの口コミ3.61とめちゃくちゃ評価が高く、食べログTOP5000にも入っている名店らしいのです!ずっと前から気になってました。

新大塚駅からは11分護国寺駅からは10分と少し歩くことになるけれど、花のれん好きのお客さんが足繁く通ってきているみたいです。

まるでカフェのようなオシャレなラーメン屋さん

生粋花のれん外観

結構新しそうな、ラーメン屋さんにしては小綺麗な外観です。

看板以外を見ると、カフェっぽいですよね。

女性受けめちゃめちゃいいんだろうなぁ~。

実際女性客多いし。

見た目に似合わぬ食券制

花のれんの券売機

花のれんは食券制です。

ボタンがたくさんあってわかりづらい~!

でもよく見ると、旨み鶏だしの醤油or塩を選んで、トッピングを考えればOKみたいです。

あとは季節限定メニューやサイド・セットメニューが並んでいるだけ。

店内は落ち着いたカフェのよう

花のれんのテーブル席

カウンター席もありますが、テーブル席はまるでカフェ。

券売機にありましたが、自家製クレームブリュレ(1日限定5食)がよく似合いそうな雰囲気です。

花のれんのテーブルの上

テーブルコーディネートがますます、ラーメン屋さんとは思えない。

オシャレカフェにあるようなアルバムには、素材へのこだわりなどが書かれていました。

特に醤油への思い入れが強いみたいで、なんと4種類もの醤油を使っているのだとか。

知らずに塩頼んじゃった!

旨み鶏だし(塩) 850円

花のれん 旨み鶏だし塩 800円

見目麗しい塩ラーメンが到着です。

すっごく綺麗!

ラーメンじゃないみたい!

花のれん 旨み鶏だし塩のスープをすくうところ

スープなんか、こんなにも透き通っています。

見た目通りで、上品な鶏油に優しくて深い塩の味が美味しい~。

人によってはとても薄味に感じるみたい。

確かに花のれんの醤油ラーメンを食べた後、塩ラーメンに戻ると「薄ッ!」ってなります。

だけど、何口か飲んでいると塩ラーメンの方が美味しくなってくる不思議。

豚チャーシューもしっとりと柔らかくて、もっと食べたい!

サイコロカットされた鶏肉も良かったです。

旨み鶏だし(醤油) 850円

花のれん 旨み鶏だし醤油 800円

一緒に行った同僚に撮影&一口食べさせてもらっちゃいました。

こちらが1番人気の旨み鶏だし(醤油)です。

正確には、これにチャーシュー・味玉が追加された1050円のものが1番人気の様子。

花のれん 旨み鶏だし醤油のアップ

かなり濃い醤油色をしたスープだけど、しょっぱくはありません。

旨み成分が強くて、ラーメンというよりそばとかうどんを食べているような感覚です。

花のれんはラーメンを欲してる状態で来ちゃダメなお店。

ラーメン欲じゃなくて、和食欲を満たしてくれるお店って感じがします。

夢中で飲んでいるとあっという間になくなってしまう一杯でした♪

あ、男性は+150円で麺を増やすかセットを注文した方がいいかもですよ~!

女性でも少し軽めな感じなので!

茗荷谷ごはんシリーズ、あります。

少し前にSNSで存在を知った、茗荷谷の馳走ダイニング文蔵。 魚屋さん「魚政」の隣にある居酒屋で、海鮮系に強いお店らしいです。も...
茗荷谷で人気の居酒屋さん、和来路(わらじ) 「茗荷谷には安くて美味しい居酒屋がある」と茗荷谷民に連れられて、和来路(わらじ)へ...
薄味でしっかりと旨味が感じられる本場っぽい中華料理屋さんって、案外少ない。 油っこくてガツンと刺激的な味の中華があまり...
茗荷谷は駅を降りるとまず100%、カレー屋さんパナスの店員さんが割引クーポンを配ってきます。 だから流れでパナスに...
茗荷谷の和食ランチは希少な存在 小石川かとう。茗荷谷で数少ない和食ランチをやっているお店です。 ...
池袋駅から地下鉄丸ノ内線で5分と、そう悪くない場所なのに知名度激低の駅・茗荷谷。 お茶女に筑波、跡見などたくさんの学校があるので出身者だけ...

生粋 花のれん

花のれん 旨み鶏だし塩のアップ

住所:

電話番号:03-5981-5592

営業時間:11時30分~15時00分 17時00分~21時00分(L.O.20:50)

日祝はL.O.19:50なのでご注意を!

定休日:木曜日

ブログランキング

ランキングに参加してみました。
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

おすすめ記事



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする