小石川かとうのランチは魚はもちろんのこと、小鉢まできちんと美味しい♪

外食
スポンサーリンク

茗荷谷の和食ランチは希少な存在

 

 

小石川かとう。茗荷谷で数少ない和食ランチをやっているお店です。

 

 

ここはいつ行っても満員だし、相席も容赦ない!それでもいいからと人が押し寄せる。

 

 

魚を扱っているのに、お値段はどれも1000円以下と良心的。

ごはんお代わり無料なのも嬉しいですね♪

 

 

一部日替わりメニューもあるけど、特に売り切れるのが早いのは、「稲庭うどんとまぐろ中おちごはん」。

多分お昼休憩の早い会社の人しか、ありつけないランチメニューです。

頼めたらラッキー♪

 

小石川かとう独特のランチ会計方式

 

 

わたしがお気に入りでよく食べるのは、「鯛のごまづけ丼」、1000円

 

席について注文したら、ラミネート加工された手作りメニューカードを渡されます。

 

食事が終わったら、レジでこのカードを渡してお会計を済ませる方式なのです。

 

 

メニューカードをぼ~っと眺めながら熱いお茶を飲んでいたら、鯛のごまづけ丼があっという間に到着しました。

 

 

アラサー女子のオススメは断然、鯛のごまづけ丼!

 

小石川かとうは魚が新鮮だから刺身定食も美味しいのだけど、ひと手間もふた手間もかかったごまづけ丼の味は、格別

 

 

鯛の身はしっとりとぶ厚めで、ごまづけは小石川かとうの他のメニューに比べると濃いめ。

 

だけどわさびや刻み大葉と一緒に口に運ぶと程よいバランスになっちゃうのです。

もりもりごはんがすすんじゃう!

 

 

 

ごまづけ丼って基本的にまずくなりようがない料理ですが、小石川かとうは香りも、食感も、味も、そしてお値段もとってもいい感じ。

 

 

脇役料理も手を抜かない、これで1000円は安~い!

 

 

この時定食の脇を固めていたのは、シジミたっぷりの味噌汁・たくわん・中華風ワカメの和え物・高野豆腐の含め煮。

 

たくわんは市販のものかもしれないけど、他の3品はほんとに上品に香って美味しくて、思わず顔がほころんじゃいます。

 

特に高野豆腐の含め煮なんかはとても家庭じゃマネできないような、優しくて丁寧な出汁でお代わりしたいくらいでした!

 

茗荷谷で和食ランチがしたくなったら小石川かとう、おすすめです♪

 

 

 

池袋で鯛のごまづけ丼が食べたくなったら、築地食堂源ちゃん真鯛の胡麻だれ丼1000円は出汁茶たっぷり!が参考になるかも?

 

小石川かとう

住所:東京都文京区小石川5-5-2 バンビビル B1F

電話番号:03-3943-0145

営業時間:[月~金]
11:30~14:00/17:00~22:00(L.O.)
[土]
17:00~22:00(L.O.)

コメント