牛肉お安く食べたいよー!

その他

セーフガードが発動しちゃうんですねー。牛肉好きの庶民としてはつらい限り…。

セーフガードとは今年のアメリカ産冷凍牛肉の輸入量が一定量を超過してしまったために起きる、緊急輸入制限のことです。セーフガードが一度発動してしまうとそれまで38.5%だった関税率が50%になっちゃいます。

今年はオーストラリアが干ばつの影響で牛肉の価格が高騰しちゃったんですよね。そうすると日本は豪州産牛肉の足りなくなった分を米国産牛肉で賄うしかありませんから米国産牛肉の輸入量がはねあがるのも仕方ないですね。

でも、オーストラリアって5年に1度くらいの頻度で酷い干ばつに見舞われていると聞いたことがあります。それにオーストラリアって干ばつ被害以上に洪水の被害にもよく遭っている気がします。

もう少し牛肉の輸入先を開拓した方が良いんじゃないかって思いますがそう簡単にはいかないのかなぁ?

米国産でも豪州産でもどこでもいいから、牛肉お安く食べたいよー!

真っ先に影響が出てくるのは、廉価でいつも提供してくれる全国の牛丼屋さんでしょうか?松屋もすき家も吉野家もこの夏から全面値上げやむなしでしょうね…。特に、ただでさえギリギリで成り立っている丼太郎がこのピンチを乗り越えられるのか心配です。

コメント