北海道民のオキテ

わたしは旅行が好きで北海道にもそこそこ遊びに行っています。
海産物は美味しいし、お肉も美味しい、野菜も美味しい、
チーズなどの加工食品も美味しいし北海道最高です。
それでこの間休憩時間に
「北海道行きたい~!何回でも行きたい~!」って話していたら
北海道出身の女の子が、「これ読んでみて~」って
「北海道民のオキテ」というマンガを貸してくれました。
内容は北海道留萌市出身の奥さんと、
東北出身の旦那さんが繰り広げる
北海道あるあるネタのほのぼのコミック。
奥さんのもえちゃんが明るく元気いっぱいな性格だからか
とんとんと心地の良い調子であっという間に読めます。
でもサラッと読めちゃう割に、情報量が多い!
北海道民は大晦日におせちも年越しそばも食べちゃうとか、
北海道が広すぎるあまり、他県が20万分の1の縮尺なのに
北海道だけ30万分の1の縮尺になっていたりするとか、
意外な住宅事情やジンギスカンとの密接すぎる関係など。
旅行しているだけじゃ絶対に知る・出会うことのない
情報であふれています。
どれもこれも一緒に暮らすほど身近に北海道民がいないと
一生知ることがなさそうなローカルネタ。
読み終わった後は、方言ネタとか誰かに話したい
気持ちでいっぱいになりましたねー!
職場の北海道出身の女の子は、
「北海道が好きな人や、北海道出身の人にこの本を
貸すと喜ばれるんですよ~」
って笑っていました。
でも彼女いわく「北海道民のオキテ」と銘打ってはいるものの
あくまでこれは留萌周辺であって、北海道ならどこでも
同じ習慣を持っているわけではないとのことでした。
そりゃーそうですよね。
北海道>九州+四国ですからね。
留萌以外にも細かく分類された北海道マンガがあったら
面白そうですね!

コメント