松坂屋上野店北海道物産展の、鮨処竜敏で一日限定30食のセットを食べてきた

北海道

 

スポンサーリンク

過去には食べログTOP5000にランクインしていた超実力店

 

鮨処竜敏(たつとし)とは、札幌すすきの駅から徒歩3分のところにあるお寿司屋さん

 

1週間ほど前にNスタって番組で、竜敏の「蝦夷握りとうに味比べ丼」が紹介されてるのを偶然みて知りました。

 

 

店舗そばのポスターにもちゃっかりNスタ放送の文字がついてました。

 

うにの味比べなんて、北海道に旅行してもなかなかできない贅沢なのに、上野に行ってそれができるならお安いもの!

一日限定30食しか用意されないとはわかっていてもどうしても食べたくなり、あさイチで行ってきちゃいました。

 

 

北海道物産展は開催するたびに巨額の金が動くというけれど、なるほど。

会場は松坂屋上野店の6階、催事場。
ちょくちょく物産展やらなんやら開催しているスペースですね。

 

 

ほぼ開店と同時に着いた感じでしたが、松坂屋上野店は早起きなお年寄りが多いせいか、既にそこそこの賑わいを見せていました。

おそるべし北海道物産展の力…。

 

1日限定30食に無事すべりこみました♪

 

けれども朝っぱらから寿司!って人はあんまりいないようで、鮨処竜敏はチラリホラリ。

 

個数限定メニューも全て揃っていましたよ!

 

思っていたよりメニューが豊富で一瞬ひるみましたが、当初の目的「蝦夷握りとうに味比べ丼」を無事オーダーしました。

 

 

↑のメニューはテイクアウトもできるのだそうです。

 

 

蝦夷握りとうに味比べ丼とご対面

 

握りはいくら・ズワイガニ・ボタンエビ・きんき・マグロ赤身

 

 

マグロが舌にぴったりと添うようなとろけかたで本当に美味しい…!

 

いくらは美味しいけどだいぶ小ぶりで弾力が弱いのは最近の品薄のせいでしょうか?

 

ズワイガニはジューシー。

 

ボタンエビもねっとりとした甘さ。

 

きんきは初めて食べたのだけど、脂が甘いだけじゃなくて深みがあって、でもしつこくなくてやみつき♪

 

 

丼はうに尽くし!!

器は小さいですがギッチリと詰め込まれています。

 

とっても綺麗な色味に、味への期待も高まります。

 

しかし…

最初の一口にと運んだノーマルうにが、舌に刺激を感じるタイプの良くないうにでギョッとしました。

「あ~失敗した~!」と思いつつ次の1枚を食べると、甘くてサッとほどける

 

…あれ、別の種類のうにだったのかな?

2枚目以降はさすが北海道って感じの、あんまり食べられない甘旨うにでした♪

 

炙ったものはちょっと焦げが強い感じ。

 

蒸したっぽいやつはなんだかあん肝に似た印象を受けました。味はうにですが。

 

うに丼が酢飯なんですが、お酢の酸味がキツすぎず、ほんのりと爽やかに香ってとても食のすすむ酢飯でした♪

 

(過去記事に海鮮丼は酢飯か素飯か問題を書いてたのを思い出しながら、美味しくいただきました。)

 

握り盛り合わせ「小樽」はこんな感じ

 

付き合ってくれた友人は「特に白身系とカニみそが絶品!」と握り盛り合わせの「小樽」を食べてました。

 

鮨処竜敏の感想まとめ

 

それぞれ3456円・2862円のモーニング?だったのですが、この値段でお味噌汁はつかないのか~とちょっと寂しい気分。

 

 

ぶっちゃけ具はなくてもいいのです。

 

きちんとしたカウンター席であるとはいえ、催事場一角の慌ただしい場所で食べるのだから、あったかい汁物でほっと出来たらなお良かったなぁ。

 

でも今回ネタのクオリティーにはとても満足いったので、また物産展でみかけたら入りたいお店だと思いました!

 

 

 

 

 

鮨処 竜敏

 

住所:北海道札幌市中央区南5条西3丁目8 N・グランデビル1F

 

電話番号:011-533-3889

 

営業時間:[月~土]
17:30~翌2:00 (L.O 1:30)

「日・祝」
17:30~23:30  (L.O  23:00)

コメント