リモコンでジェネレーションギャップを感じるだなんて…

その他
RonPorter / Pixabay

今の若い人には「巻き戻し」って言葉、通用しないそうですよ。

それを知ったとき、「えっ?テレビのリモコンに巻き戻しって書いてなかったっけ?」って家のリモコンをよく見てみました。
すると驚いたことに「早戻し」って書いてありました…。

今まで全く気付かなかった!
いつから巻き戻しから早戻しにすり替わってたんでしょうね?
気になってちょっと調べちゃいましたよ。

すると、電子機器を取り扱う会社によって巻き戻しという表記を辞めた時期は微妙に違うようでした。

例えばパナソニックは2002年、東芝は2001年、シャープは1997年となっています。他の会社を見てみても、おおよそ2000年前後に巻き戻し表記がなくなったみたいです。ということは私は20年近くもの間時代の流れに乗っていなかったことになります。

巻き戻し、は何を巻くのかわからない年齢層は高校生以下の若い人たちだと先日観たテレビの街頭インタビューでやっていました。
なるほど、確かにリモコンから巻き戻しが消えたころと高校生以下の年齢は一致していますね。

じゃあ若い学生さんと会話するときには、わかりやすいように表現を改めた方がいいんでしょうね。
でもかれこれ30数年慣れ親しんできた言葉だから、例え今は巻くものがなくとも巻き戻しって言い回しが勝手に口から出てきちゃうんだろうな。

あ~あ、ついにジェネレーションギャップを感じるときがきたか~。

コメント