1人暮らしでもレタス1玉をシャキシャキのまま使い切る

ズボラ飯・自炊
maxmann / Pixabay

サラダってお店で注文するとなんであんなに高いんだろー。
確かに不作で高い時期はレタス1玉400円とか普通なんで、その時はお店で食べる方が精神的負荷が少なくて済むかな?とは思います。

だけど今なんか安いと80円ですよ、1玉!
自宅でサラダバーできちゃいますよ。
万が一消費しきれなかったとしても、十分元(?)はとれます。
1人暮らしで1玉消費できないとか関係ない値段です。

というかわたしの場合、レタスだけはなぜか1玉消費できてしまいます。
終盤の方がしなしなで苦くなっちゃうのでそこだけ我慢ですが、まあレタス炒飯かスープの具にすれば食べれないこともないし。

でもやっぱりレタスのいいところは生でシャキシャキした食感。
レタスだってせっかくレタスに生まれてきたんだから、生で食べられたいに決まってます。
1人暮らしでもレタスのシャキシャキを最後までもたせる方法ないかなぁーとは思っていました。

思っていただけで何もしてなかったわたしですが、最近その悩みから突然解放されました。
なんと、レタスの芯の部分につまようじを3本刺しておくだけでレタスが長持ちしてくれるようになるんですよー!
簡単すぎる…。

なんでもレタスの芯部分には成長促進作用があるらしく、そこにつまようじを刺すことで成長(=老化)を妨げることができるんですって。

これ、本当に効果すごいんでぜひ試してみてください!
確かテレビで観たと思うんですが、知れて良かったです。

わたしの肌もつまようじ3本刺したら長持ちしてくれないかなー。

コメント