抜歯直後に摂りやすい食事メニューを考える

歯 ズボラ飯・自炊
Alexas_Fotos / Pixabay

親知らずを抜歯した直後はとてもじゃないけれど疲弊しきっていて、普通の夕食を食べる気にはならず…。
だけど何か胃に納めないと抗生剤と痛み止めを飲むことができないし。(空腹のまま錠剤を飲むと胃に負担がかかるそうです。)

麻酔も完全には抜けきっておらずアゴの片側でしか食べられなさそうなので、スープの缶詰を小さめスプーンで一口ずつ口に運びました。
引っ越し祝いにもらったまま温存していたスープの缶詰が、ここで役に立つとは。とっておいて良かったー。

抜歯後2度目の食事もまだジンジンと痛むし、ぽっかりと空いた空洞に米粒とか入ったら嫌だしと思ってキッチンをがさごそ。

その結果わたしが用意したごはんは、絹ごし豆腐のみの味噌汁と、生卵&納豆をかけたこれまた絹ごし豆腐。すなわち白米を絹ごし豆腐にチェンジした卵納豆豆腐。
全て柔らかく、抜歯穴に挟まりにくいもので構成した結果、大豆成分てんこ盛りになってしまいました。

 

大豆成分てんこ盛りというと、男性の方は痛風待ったなしじゃないかって思う人もいるかもしれません。
でも大丈夫!大豆の摂りすぎ=痛風になりやすいとはよく言いますが、大豆を加工した食品や熱を加えた料理ならプリン体はそう多くないのです。
味噌も納豆も豆腐も、明らかに異常な量を食べ続けない限りは問題ないので安心してください。

…話が逸れてしまいましたが、絹ごし豆腐を白飯に見立てた食事はなかなか使い勝手が良いです。
口内やアゴを怪我しているときにでも、ぜひ試してみてください。
アゴは疲れないし歯や抜歯穴に挟まらないし何にでも合うしでとっても優秀です。
(お米を炊かなくて済むところもズボラ女子的にはポイント高い。)

 

今日は事情が事情なので、ズボラ飯に見えるかもしれないけどズボラ飯じゃないんだぞー!
抜歯直後に摂りやすい食事メニュー、あったらぜひ教えてください!

コメント